FC2ブログ
     

    隣の芝は青くみえる!

     c⌒っ゚д゚)っφ メモメモ...

    ubuntu暦3日のオレがSC06Dの一撃をbuildするぞ!(ubuntuのbuild環境構築)

    build

    まずはやってみることが大切
    上から順番にコマンドをコピペするだけでもビルドできるように構成してみた

    必要なPCスペック
    クワッドコア以上のCPU
    メモリ8G以上
    HDD最低100G以上の空き容量
    1個のツリーで70Gは消費するので(CMの場合)

    必要な環境
    仮想OS(VMware player等)
    ubuntu 12.04LTS 64bit版

    VMwareを導入するのに参考にしたサイト
    立教大学

    ubuntuにインストールしたもの
    VMware tools(windows側とファイル共有に使う)

     CPU4コア メモリ6G HDD80Gに設定した
    Ubuntuのディレクトリ名を英語表記に変更する方法
    Alt+Ctrl+t でターミナルを開く
    以下のコマンドを入力
    env LANGUAGE=C LC_MESSAGES=C xdg-user-dirs-gtk-update

    レ点をつけてupdateのほうを選ぶ

    まずは環境を整える

    1.OpenJDK7 の導入

    sudo apt-get -y install openjdk-7-jdk

    バージョンの確認
    java -version

    javac -version

    変数 JAVA_HOME の設定
    ~/.bashrc を開き一番下に以下を追記
    ついでなんでccacheとrepoのpathも付けときましょうか
    gedit ~/.bashrc

    #JAVA
    export JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/java-7-openjdk-amd64
    export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
    export ANDROID_JAVA_HOME=$JAVA_HOME
    # repo
    export PATH=${PATH}:~/bin
    # ccache
    export USE_CCACHE=1
    export CCACHE_DIR=~/.ccache

    ccacheのフォルダ作成しとく
    mkdir ~/.ccache

    ccacheの説明
    [小枝]build時間の短縮
    パスの確認(ここは飛ばしてもok)
    $ which java
    /usr/bin/java

    $ ls -l /usr/bin/java
    /usr/bin/java -> /etc/alternatives/java

    $ ls -l /etc/alternatives/java
    /etc/alternatives/java -> /usr/lib/jvm/java-7-oracle/jre/bin/java

    $ readlink -f /usr/bin/java
    /usr/lib/jvm/java-7-oracle/jre/bin/java

    $ which javac
    /usr/bin/javac

    $ ls -l /usr/bin/java
    /usr/bin/java -> /etc/alternatives/java

    $ ls -l /etc/alternatives/javac
    /etc/alternatives/javac -> /usr/lib/jvm/java-7-oracle/bin/javac

    $ readlink -f /usr/bin/javac
    /usr/lib/jvm/java-7-oracle/bin/javac

    2.必要なパッケージの入手

    sudo apt-get install build-essential gcc-multilib g++-multilib ia32-libs git flex bison gperf curl zlib1g-dev lib32ncurses5-dev x11proto-core-dev libx11-dev libxml2-utils lib32readline-gplv2-dev mingw32 tofrodos python-markdown uuid-dev libgl1-mesa-dev xsltproc lib32z1-dev bison build-essential curl flex git-core gnupg gperf libesd0-dev libncurses5-dev libsdl1.2-dev libwxgtk2.8-dev libxml2 libxml2-utils pngcrush schedtool squashfs-tools xsltproc zip zlib1g-dev

    3.シンボリックリンクの作成
    sudo ln -s /usr/lib/i386-linux-gnu/mesa/libGL.so.1 /usr/lib/i386-linux-gnu/libGL.so
    sudo ln -s libGL.so.1 /usr/lib/i386-linux-gnu/mesa/libGL.so
    sudo ln -s mesa/libGL.so



    repoの設定(文字化け直すのめんどかったので黒枠にしなかったけど$以下をコピペする)
    $ curl http://commondatastorage.googleapis.com/git-repo-downloads/repo > repochmod a+x repo
    sudo mv repo /usr/local/bin/

    Gitの設定

    git config --global user.email "<メールアドレス>"
    git config --global user.name "<名前>"


    次の記事へつづく

    Comments







    « »

    06 2021
    SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -
    カウンター
    プロフィール

    lawn

    Author:lawn

    最新トラックバック
    検索フォーム
     
     
     
     
     
    ブロとも申請フォーム